CAPNA主催 子どもの権利擁護セミナー

著者:管理者

CAPNA主催 子どもの権利擁護セミナー

CAPNA主催 子どもの権利擁護セミナー
「大切なあなたへ」広告掲載のお願い

1995年、「CAPNA」(子どもの虐待防止ネットワーク・あいち)は、日本で三番目となる虐待防止の市民団体として、虐待を受けている子どもの救済と支援を、ネットワークを使って「すべての子どもの笑顔のために」を理念として設立されました。
当時、法律や制度が十分活用されておらず、行政は虐待を受けている子どもを救済できず、尊い子どもの命が失われることがありました。「CAPNA」は「今」危機状況にある子どもを救済すべく各分野の専門家と多くの市民が連携し、活動を始めました。設立と同時に「CAPNA」は、「CAPNAホットライン」を開始し、今でも続いています。20数年たち、子ども環境を取り巻く状況は変化し、児童相談所はじめ行政は子ども虐待・救済に対応するようになりつつあります。
依然として「いじめ」などによる子どもの自殺・自死の報道が続き、特に夏休み明けが危ないと言われています。
そこでCAPNAは夏休み最終日曜日に子どもの権利擁護セミナーとして「大切なあなたへ」というシンポジウムを開催します。この深刻な問題に「愛知いのちの電話協会」と「チャイルドラインあいち」と協力し開催します。第一部はゲートキーパー研修、第二部は各分野の専門家によるシンポジウムの二部構成です。
*ゲートキーパーとは、“子どものおかれている現状を把握し、また自殺の危険を示すサインに気づき、適切な対応(悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る)を図ることができる人”【ゲートキーパー】いわば「命の門番」とも位置付けられる人のことです。

下記のとおり寄付金の募集をいたします。このセミナー開催にご賛同いただき、寄付金をお寄せいただくようお願いします。
寄付の方法につきましては口座振り込みでお願いします。

認定NPO法人CAPNA(子どもの虐待防止ネットワーク・あいち)
理事長 萬屋 育子

 

意見広告とは「すべての子どもの笑顔のために 私たちは活動を応援します!」の表題のもと皆様のお名前を掲載するものです。
(当日資料に掲載させていただきます)
名刺広告はお名前と連絡先(住所、メールアドレス等)を名刺サイズで掲載するものです。
1.意見広告: 1口1,000円(複数口可能)
2.名刺広告: 1口2,000円

※ お申込み方法
必ず連絡先に、電話・ファックス・またはメールにて、ご住所・ご連絡先と共に意見広告に掲載の正確なお名前、名刺広告に掲載事項を記載いただきご連絡いただき、その後下記口座にご送金ください。
なお、申し訳ありませんが手数料をご負担ください。ゆうちょ銀行に口座をお持ちの方は郵便局のATMを使用されると手数料はかかりません。

○ゆうちょ銀行
名義人 萬屋育子 (よろずや いくこ)
記号 12150
番号 83798691
(電信払込み請求書・電信振替請求書をお使いください、窓口で手数料がかかります)

○ゆうちょ銀行外の金融機関からの送金の場合
店名 二一八(読みは二イチハチ)
店番 218
普通預金  口座番号 8379869
(ATM、窓口とも手数料かかります)

※ お申込み期限: 2018年7月31日(火)16時まで

※ 問合せ・連絡先 :認定NPO法人CAPNA事務局  経理担当:井上
〒460-0002 名古屋市中区丸の内1-4-4-404 認定NPO法人CAPNA事務局内
メールアドレス :info@capna.jp
電 話 :052-232-2880
ファックス:052-232-2882

著者について

管理者 administrator